妊婦の為のむくみ解消方法の情報を掲載したページ

妊娠中のむくみの原因エストロジェン

妊婦の為のむくみ解消方法

多くの妊婦さんの悩みの1つにむくみがあります。 妊娠しますと、むくみやすい体質に体が変異します。 昔の妊婦さんは臨月前にむくみやすい体質に変異していたようですが、現在の妊婦さんは冷え性の女性が多いため妊娠中期の安定期でもむくみに悩む妊婦さんが多いようです。

妊娠中は、血液中の水分量が通常より3割程度増します。 また、エストロゲンの働きには、水分を皮下組織に溜む作用があります。

さらに、母親体内で赤ちゃんが成長するにつれて骨盤が圧迫され、下半身の血液が心臓へ戻されにくくなりますので、尚一層、体がむくみやすくなります。

妊娠中はできるだけ薬を控えたほうがよいので、血行を常に促すように努めること、体や足を冷やさないこと、なるべく足を高くするようにするなどということは最低限でも日常で心がけるようにしましょう。


脚のリンパの流れを促し妊娠中のむくみ解消

多くの妊婦さんの悩みであるむくみで一番多いのは脚(足)のむくみですが、脚(足)がむくみますと全身のむくみにも繋がります。 脚のリンパの流れを促して、脚(足)のむくみ解消だけではなく、全身のむくみ解消も行いましょう。

手軽に妊婦さんが日常で行える脚のリンパの流れを促す方法の1つに5本指ソックスの着用があります。 5本指ソックスは、脚の指を広げますので足背のリンパの流れを促す作用があります。

5本指ソックスの丈は、脚のリンパを活性化し脚のむくみを解消する三陰交のツボが隠れる丈であると冷えることも防止できますので望ましいです。 また、足裏のツボが刺激されるように、常日頃から歩くことを心がけると、第2の心臓とも呼ばれているふくらはぎの筋肉も鍛えられ、歩くことで筋ポンプ作用も働き、むくみ解消効果を高めることができます。


食生活によって妊娠中のむくみ解消

多くの妊婦さんが妊娠すると味覚や食の好みにも異変が起こり、柑橘類などのすっぱいものが食べたくなると言われています。 柑橘類や味覚ですっぱいと感じるものの多くにはクエン酸が含まれています。

クエン酸は、体内のむくみを解消する効果もある成分です。 柑橘類のほかにも梅干やトマトなどもクエン酸を多く含みます。

また、むくみを予防するカリウムが豊富なジャガイモや、りんご、こんにゃく、昆布などの摂取も日常で手軽に行えますので、日ごろからむくみを解消したりむくみを予防する食べ物の摂取を食生活で心がけるようにすることで、むくみを改善することもできます。


関連記事をチェックする ≫ むくみ解消に効果的なヨガ

 
トップページ 女性向けむくみ解消 運動でむくみ解消 むくみ解消サプリ 脚のむくみ解消